【おすすめ】経営戦略の全体像が掴める打って付けの一冊!!わかりやすい!

みなさん、こんばんは。

今回紹介したいのは経営戦略の全体像が掴めるおすすめの書籍です。

 

 

 

 

まず、本書籍を読むまで、私は経営戦略について欠片も知識を持っていませんでした。

一応、様々な経営戦略の書籍を購入しましたが、難しいワードが列挙し、意味が分からなくなり途中で挫折してしまいました(笑)

恐らく同じような経験がある方も多いかと思いますので、初心者でもわかりやすい一冊を紹介します。

さっそく紹介に移りましょう。

 

それが、こちらです!

 

タイトル「実はおもしろい経営戦略の話」 著者:野田稔

実はおもしろい経営戦略の話 (SB新書) [ 野田 稔 ]

価格:880円
(2019/12/14 11:34時点)


実はおもしろい経営戦略の話 (SB新書)

 

先程も書きましたが、経営戦略についての知識がない私でも理解できる本が欲しい!

そんな時に出会ったのが、野田稔先生の「実はおもしろい経営戦略の話」です。

近所の古本屋で偶然見つけ、表紙から堅苦しくなく、すんなりと手に取ることが出来ました。

 

大雑把な流れですが、最初に「経営戦略とは何なのか」から始まります。大抵の経営戦略の書籍は同様の始まりになりますね。

序章で経営戦略とは何かを説き、次章で要点をまとめて説明、その後、内容を細分化して落とし込んでいるイメージです。

 

ただ、私がわかりやすいと思った理由はただ一つです。それは、、

 

実際の企業を事例とし、図解でわかりやすく説明!! 

 

これに尽きますね。みなさんが知っているような有名企業を事例としている為、より身近に感じて且つ理解しやすくなっているんです。

楽しく読めることも魅力の一つですね。

 

では、みなさん。下記のような2つの書籍があるとします。果たしてどちらが理解できる且つ頭に残りやすいでしょうか。

 

・ただひたすらに経営戦略とは何かを文章で説いている書籍

・実際の企業を事例とし、図解もつかっている書籍

 

はい、一目瞭然ですね。事例を出し、図解を使っているほうが理解もしやすいですし、頭にも残りやすいです。

勿論、個人差があるでしょうが、事例や図解を使ったほうが理解しやすい方は多いでしょう。

 

 

最後になりますが、人それぞれ価値観が違う為、絶対に理解できるとは保証できません(笑)しかし、この一冊で経営戦略の全体像を掴むことが出来ます。(初心者の私がそうでした)

これから経営戦略について知りたい方や自分に合う書籍が見つからない方などは、是非一読してみてはいかがでしょうか。

 

実はおもしろい経営戦略の話 (SB新書) [ 野田 稔 ]

価格:880円
(2019/12/14 11:34時点)


実はおもしろい経営戦略の話 (SB新書)

 

 

タイトルとURLをコピーしました